「道明の世界展」に行ってきました。

2011年09月24日 18:35

 今回は お金を使わなかったお話です。

 西武新宿線の沼袋の 「シルクラブ」 という 呉服屋さんがやっているアートスペースで開催された 「道明の世界展」 での 道明三保子さんの 「組紐に見る日本の美」 という講演を聴きに行ってきました。

 無料で講演を拝聴出来る上に 「道明」 の帯締めが見放題!(笑) 上野のお店に行ってウインドウショッピングだけ (つまり見るだけ) っていうのは勇気が要りますが こういう機会だと 人も多いので 見るだけOK で気楽です。

 「シルクラブ」 の建物やお庭も ゆったりとした良い空間で楽しめました。

 時代は遥か昔 飛鳥・奈良時代にさかのぼり 遠くはシルクロードまでいく 「組紐」 の歴史の講演。 そのようなお話を派拝聴した後だと より 「道明」の組紐の帯締めが ありがたく思えます。^^

 さて、ここで  古くくたびれてきた お気に入りのお祖母ちゃんの帯締め  に似た帯締めを見つけたのですっ。

 あまりに使いやすい為に こればっかり締めているもので すっかりくたびれてきたので 似たようなものが欲しい! と思っていて もしや? という期待もあったのですが さすが 「道明」 ありました。^^v

 しかしなんとお値段 120000円!!(◎-◎;)!! 0の数をよーく見てくださいねっ。 私は初め 最初の1が見えなくて 「あー、二万円かー、ちょっと高いけど 使い手があるので そのくらいの投資ならしても良いかも。」 なーんて思っちゃったら… あーら その前に1が有ったー!! ってなもんで。  着物が買えるお値段でした。∑(=゚ω゚=;)

 紐一本に 12万円 アナタなら出せますか? 私にゃー無理。

 私の欲しい帯締めは 「幅が二分八厘で厚みが有るもの」 なんですけど この厚みを出すのに

 なんでも 「通常は 二枚で編んでいくものを その二倍 四枚で 複雑に編んでいくので 大変手間のかかる物」 だそうで。

 たぶん この組み方だ ってのを こちらのブログで見つけました。 実はこの 「道明の世界展」 もこちらのブログからの情報なんですけど。

 変り貝の口組み というらしいです。 


 うーん (ーヘー;) 道明さんの組紐教室で習って自分で組むか?(笑) … その後 このブログを読み進むと 「この組み方まで来るのに八年かかりました。」 という文言が…。( ̄□ ̄;)
 もちょっと安そうな組紐屋さんに持ち込んで 同じような物を組んで貰うか?

 まあ、当分は 今ある帯締めを 余り使わず 大事に へたらないように 長持ちさせるように 努めますわ。^^;

 もちろん 「道明」さん 私でも手の出る範囲で 三分紐7500円、 単色冠組14000円も 選び放題の色々で 素敵でしたけど。…やっぱりアレを見ちゃうとねー。
 


めくるめく着物ヲタワールド。私も参加しています。^^
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へにほんブログ村