--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
めくるめく着物ヲタワールド。私も参加しています。^^
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へにほんブログ村

12月の演舞場 154500

2012年11月22日 09:18

 11月の吉例顔見世大歌舞伎 仁左様がお休みでした。( ̄□ ̄;) 仁左様目当てだったので ちょっと拍子抜け。

 双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき) の仁左様の役は 梅玉さんが代役でした。梅玉さん 素顔はNHKのアナウンサーのような端正で堂々としていてカッコイイんですが お役の時は あまりひっかかることろがなく私的には今一つ と思っていたのですが 今回 ちょっと仁左様風に 軽味もだして 良かったんじゃないでしょうか。

 じゃあ双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)で誰が印象的だったか と言われれば やっぱり時蔵さんしかいない…。梅枝さんにも注目はしていましたが。

 人情噺文七元結(にんじょうばなしぶんしちもっとい) は前に映像でみた記憶があります。菊五郎さんの十八番かしら。

人情噺文七元結の時の着物 その前の記憶に較べて 娘役の尾上右近さんが綺麗になった と思う。化粧が濃くなった とも言う。^^;

 菊五郎は …昔は美貌で売った菊五郎らしいんですけど 最近歌舞伎を見始めた私から見ると 「面白いおっさん」。m(。≧Д≦。)mスマーン!! としか思えない。 息子の菊之助君は美しい。面白いおっさんの菊五郎と美貌の息子の菊之助との掛け合いが面白くて良いかもしれない。

← かなりの確立で 豪雨とう予想だったので 木綿の着物で参りました。二等だから良いよねー?^^

 やっぱり こういった場合の雨用に ポリの着物 必要だわね。



 
 ということで 菊五郎菊之助コンビに期待して 12月 佐野次郎左衛門が菊五郎、八ツ橋が菊之助、下男治六は松 緑の 籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ) 見に行くことにしました。 二等A席7000円

 籠釣瓶を見るのは 三回目。二回は映像ですが。

 今公開しているシネマ歌舞伎の籠釣瓶 玉三郎の八橋は絶品たっだ。 勘三郎はもちろん上手いけど 勘九郎の下男治六が 主人への忠誠心で泣かせたのよ。(>。<) 今回の松録さんが どれだけやってくれるか期待しています。

 それと 福助の八橋&吉右衛門の治郎左衛門のを見たことがあります。

 菊之助の八橋 綺麗だろうネー 楽しみ。

 そうそう、この日は普通の土曜日だったのですが 富士純子さん 入り時も帰るときもロビーにいらっしゃいました。偉いですね。やっぱり息子のためかしら。(笑) 地味な紬なぞお召しになっても さすがに目を引く美貌でした。 次回もお目にかかれるかしら?それも楽しみ。^^v


浮世柄比翼稲妻の時の着物 こちらは国立劇場に 浮世柄比翼稲妻(うきよづかひよくのいなづま)を見に行った時の着物。

 羽織が印象的すぎて 中は何を着ても同じ って感じですが。(笑)

 ちょっと黒い着物と 明治のアルファベット柄の帯で 浮世柄比翼稲妻のイメージで伝法な感じを出してみました。(笑) 


 それにしても 浮世柄比翼稲妻 通しで初めて見て 「こーゆー話だったのかー!」 と納得がいきました。

 そんなこんなで 通し上演してくれるし 席はゆったりしているし(新橋演舞場に較べて) 安いし すっかり 国立劇場気に入りました。 来月は 国立小劇場で文楽も見るし すっかり国立劇場づいている私は あぜくら会 という友の会に入ろうかと検討中です。







関連記事
めくるめく着物ヲタワールド。私も参加しています。^^
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へにほんブログ村


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shufutokimono.blog136.fc2.com/tb.php/151-3e71bb75
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。