--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
めくるめく着物ヲタワールド。私も参加しています。^^
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へにほんブログ村

小紋仕立て直し278500

2010年11月28日 09:06

 そもそもの私の「セカンド着物始め」のきっかけは 子供の入卒式でした。
 新しいスーツを買うよりは 手持ちの訪問着を 自分で着ていけば 安いじゃん!! と思い 無料着付け教室に通い始めたのが 着物熱の出始めでした。

 で、着付けも少し出来るようになって 「もっと着物が着たい!!」 と思うようになったんだけれど そうそう訪問着とか色無地とかを着ていく機会が 貧乏な主婦の私にあろうはずがありません。

 大抵 着る機会と言えば 買物とか友達との食事くらいのもの。普段に着る着物が必要です。

青い牡丹唐草の着物 で、持っている普段着と言えば これ。20歳くらいの時 買ってもらったど派手な 牡丹唐草の小紋だけ。

 上から黒羽織を着てみたり 一生懸命頑張ってコーディネートして 数回は着てみたんだけど やっぱり無理!! だって 赤い八掛だぜー。
 しかも こういうはっきりした総柄の着物って 着まわし効かない。自分で選んだ布なので 年を取った今でも好きは好きなんだけど もう絶対 こういう着物は買わない と心に誓う。 帯なら大丈夫だと思う。

 
祖母のあずきミルク色の着物 と言うことで 普段着られる着物が欲しい!!と頃合いよく見つかった 祖母の小紋を お仕立て直ししてみました。

 これが ほんと 一枚目として最適じゃんな 「無地調着物」 なんです。

 色が 紫ともピンクとも言える 日本人に良く似合う 小豆色を薄くし 彩度を落としたような微妙な色。私は あずきミルク色 と称しています。
 はっきりした色よりこういう色の方が合わせられる物の範囲が広がります。

 で、それを 刷毛で横に引いて 微妙に塗り残しが横線模様になっている、こういうの 何模様っていうんでしょうか? だから だたの無地より表情があって 着こなしやすい。 と 秋月洋子さんがおっしゃってくれそうな(笑)そんな着物です。

 さすが 祖母は着物上級者だったのね。 着まわしの効く着物を選んでるんだわ。、と改めて見直しました。
 若いときの着物選び 我を通さず 祖母の言うことを聞いてけば良かった、と後悔しきりです。(笑)

 私より大分 小柄な祖母ですが 私サイズにお直し出来ました。 身丈も伸びて おはしょりもちゃんと作れるようになって大満足。

 胴裏を新しいのに変えてもらって  27480円  ここまでで 累計278600円となりました。 月二万円を超えてしまった。(・。・;)
関連記事
めくるめく着物ヲタワールド。私も参加しています。^^
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へにほんブログ村


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shufutokimono.blog136.fc2.com/tb.php/16-26c5e615
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。