--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
めくるめく着物ヲタワールド。私も参加しています。^^
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へにほんブログ村

長着三枚仕立て 1199587

2013年05月21日 06:01

 歌舞伎座が新開場して 一幕見でちょくちょく見に行くようになったから 着物がもっと欲しくなったわ。(笑)

 誰に見せるわけでもないんだけど 毎回同じ着物じゃ、帯を変えてコーディネートを楽しむっていっても さすがに飽きてテンション上がらないwww。

 ちなみに ↓ 玉菊様の 二人道成寺 見に行った時のコーディネート。 着物は四月に「お祭り」見に行った時と同じお召の色無地。澄んだ綺麗な色で気に入ってるわ。もちろんお祖母ちゃんのよ。

 帯は初下ろし、筑前博多織八寸名古屋。ヤフオクのみやがわさん で落札したの。^v^

 薄い色の着物on薄い色の帯。私は幽霊スタイルって呼んでいるけど、帯をぼんやりした色調にして メリハリをつけないのが今時風なんですって!あずまやきもの広場ustream で芝川さんがおっしゃってたわ。

 で、イマドキ風のコーディネートを出来て 自己満足しているのだけれど、決してほっそりとしているとは言い難い私。 淡い色で全身を覆うと膨張してしまうので 帯揚げだけ 濃い色を持ってきたわ、どうかしら?

薄い色の色無地onぼんやりした色調の帯

 玉菊様の二人娘道成寺 すばらしかったわwww。お二人の動きのシンクロ具合が半端無くて。玉様の美しさに「物の怪」が入っていてゾクゾクしたわ。会場全体が 息を詰めて二人を凝視しているように感じました。

 この演目も数回目で そろそろ封印(やらないこと)という噂を聞きましたので 無理をしてもぜひ見ておくべきだと思います。

 吉右衛門の「梶原平三誉石切」 もすばらしかったわー。吉右衛門って こういう役をやるとピカ一ね。
 私が特に感激したのは 「浄瑠璃」。今までは歌舞伎の伴奏(笑)くらいにしか思っていなかった素人の私ですみません。^^; 義太夫さん 人気のある方らしくて 「あおい太夫!!」 と大向うがかかっていました。お三味線の方も義太夫さんも 舞台を凝視してタイミングをはかっていて その緊迫感たるや すごかったです。

 さて話を戻してお仕立て。ヤフオクの一枚12500円でやってくれるお店に お祖母ちゃんの洗い張り済反物 三枚お願いしました。

 前にお願いしていた山冨久さんというお店 ヤフオクから撤退したみたいで 新規開拓です。 もっと安いお店もあるのだけれど 評価を見てこちらに決めました。

 お願いした一枚目↓色大島?

色大島


 ところで疑問なんですが 普通の生糸平織り紬と「大島」 ってどこがどう違うのかしら?私にはさっぱり分からないんですけど。

 私の愛用している安い悉皆屋さん 「染の近江」では お仕立て 大島なら16170円~、その他の紬は14700円~なの。

 で、このテラテラしている紬持って行ったら 「大島です。」 って断言されて。;。; 「証紙ないんですけど 大島扱いですか?」 と食い下がったんだけど 「大島まちがいなしです。」 って言われて 染の近江ではお仕立てしなかったの。 

 第一 何で大島ならお仕立て代が高いの? そこがまず解らないっ。2000円の差に厳しい 貧乏主婦なのっ、私。^^;

 残り二枚は ↓ の紬。 蝶の模様の方は 染の近江さんで 「塩沢かしら?」 って言われたので塩沢っぽい反物 と覚えております。

蝶の塩沢っぽいのと昭和な平織り紬

 長着に仕立てるかどうか迷ったのが 左の「昭和の正月に本家の嫁が着てそうな」紬。 その心は 一応正月だから着物着てるけど 親戚がっぽり来て 台所仕事ばかりやらされるので 汚れてもいい普段着。

 袷の紬は濃い色ばっかりで これ以上濃い色の袷は要らない。んだけど雨の日用の袷を持っていないので 防水かけて雨の日用にしようかなーっと。



 でも このカジュアルな着物では 歌舞伎座の一等席には座れないから 雨の降った一等席の日用にもう一枚ポリ無地or小紋が要るわね。 



ならいっそ 雨コートにすればいいんじゃないかしら?



でも 前に七緒 vol.28で 長着から簡単に作れる雨ゴート ってやったし、別の本で 長着をそのままブラウジングしてベルトで留めて雨ゴートとして着る なんてワザも見たわね。

 という事で ツーウェイに使える方がお得な気がして 長着に仕立てることにしました。(笑)

 それにねー、 胴裏が新品の一匹だったのも大きいの。

 胴裏 一匹は三着分 って言うけれど 一着分ずつ切り取っていくと 最後で長さが足りなくなるの。なぜか。

 それに 自分で用尺切るのも面倒くさいし。切らずに仕立屋さんに送ったら 残りを返却してくれるのを忘れられた事もあるの。(もちろん、速攻で連絡して返してもらったけど。へへ。)

 だから すっぱり 胴裏一匹送って 三着仕立ててもらうことにしたわ。


 長々とした私の思考経路に付き合ってくださって ありがとうございました。(笑)




関連記事
めくるめく着物ヲタワールド。私も参加しています。^^
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へにほんブログ村


コメント

  1. 紫苑 | URL | -

    ごろさん
    こんばんわ。「染の近江」って、着物仲間のクチコミだけど、洗いは安いけど、いろんなもの買わされたり、お仕立てとか高いわあ、ということですが。これって営業妨害?
    素敵なきものを、どんどんポチなさって~~。一等席用のきものと、雨降ったとき用の一枚?スゴイ~~。やはり、このブログ、すごい~~。

  2. ゴロ | URL | -

    紫苑さん、こんにちは。^^

    > 洗いは安いけど、いろんなもの買わされたり、お仕立てとか高いわあ、ということですが。

    そーなんですっ、洗いは安いけど なんですよね。幸いなことに私 すっごく貧乏臭く見えるらしく しつこく言われないんです。楽なんですけど 全く勧められないのも 寂しいものがあります。(笑)
    お仕立てはもちろん 一番安い「海外仕立て」 ですよー。^^;

    >一等席用のきものと、雨降ったとき用の一枚?

    いえいえ、それは私の 妄想希望でーす。あればいいなー という。^^; ポリの着物 お手入れが楽そうで一枚欲しいなー と。来年とか すっごい将来の長期展望でーす。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shufutokimono.blog136.fc2.com/tb.php/176-5b0805bb
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。