--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
めくるめく着物ヲタワールド。私も参加しています。^^
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へにほんブログ村

羽織をお仕立て^^333480

2010年12月13日 09:10

牡丹唐草小紋 若いとき勢いで買った 大柄で色のコントラストがきつい菊牡丹唐草の小紋。

 最近のマイ着物ブームで 貴重な普段着として こうやって羽織を上に着たりして 何とかごまかして着ていたんですが

 「赤い八掛はもう年齢的に無理。」 と結論いたしました。

 余談ですが この着物 ご近所の方に 「素敵なアンティークですねー。」と言われてしまった。(・。・;)

 確かに20年位前に 呉服屋さんのセールの布でお誂えしてもらったから もう 「古着」 の範疇なのかもしれないけど 自分的には 数えるほどしか着ていないので 「新品」 のつもりだったんですねー。(泣笑)

 柄が アンティークっぽいのかもしれない。


 自分が好きで買った布ですから 派手になっても 愛着があります。

格子の着物に合わせて なので かねてより 是非一枚欲しいと思っていた 今様の 「長羽織」 に作り変えました。

 母の格子の紬、祖母の向日葵?柄の帯と合わせると アンティーク(古着)感が漂いますね。 
 自分は池田重子さんのアンティークとか大好きなので 満足です。


 仕立て直す際 私は 表地が派手な柄なので 裏地は 白い胴裏をそのまま使うつもりでいたら 悉皆屋さんに
「真っ白い胴裏を羽裏にはしない。」と言われてしまった。(・。・;)

 「八掛なら羽裏に出来る。」と言われたけれど 赤い八掛が嫌で 仕立て直すので それは拒否。

 「絶対 人前で羽織は脱がないので。」 と 無理やり 胴裏を羽裏にしてもらった。(笑)

 私的には 胴裏も羽裏も 同じ羽二重なので 「何も不都合は無い」 と思ったのですが。???

 どうしてもしてはいけない理由が見つかったら 自分で羽裏に 墨でくもの巣でも書くか アイロンプリントのスワロフスキーの髑髏でも入れるつもり。

 今のところ 何の支障もありません。^^



 計 19480円 累計333480円
関連記事
めくるめく着物ヲタワールド。私も参加しています。^^
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へにほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。