--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
めくるめく着物ヲタワールド。私も参加しています。^^
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へにほんブログ村

長襦袢洗濯と端切れ 1392622

2014年04月06日 13:56

秋から冬に着続けた長襦袢。

袖口の内側、手首に接触する部分に垢汚れがー。ーー;

洗濯に出しました。次に長襦袢を買うなら 絶対家で洗えるように東レシルックにしようと思っています。

それと 染と織り「あら船」さんで 端切れを3枚、帯揚げ用に。ここの端切れは安くていい柄がありお気に入り。

駅から遠いのが難だけど 帯揚げには長さが足りなかったので 同じ柄をもう一枚 買い足しに行かなきゃ。

最近の着物姿。

桜が散りかけた頃。 ちょっとしたお出かけの木綿着物。
実は萩の柄?の帯なんですが 夜桜に見立てて。

で、着物と帯の色合いが2つともダークなので 帯揚げと帯締めにピンクで明るく。夜桜をイメージしました。(笑)

紫の木綿きもの

簡単なお団子ヘアなんですが おべべとにゃんこのゆきゆき先生に教わった逆毛を立てて 少し頭頂部をふっくらさせたので 良い感じ~。

先生に教わった逆毛のたてかたなら 整髪料はケープだけでカーラーもいらないから 簡単でしっかりたってGood!

しかし、ぴょんぴょんとアホ毛がいっぱい出てるわぁ。ゆきゆき先生の教えを守って もっとぴっちりせねば。^^;

お団子ヘア


丸洗いと水通し2980円

端切れ1500円
関連記事
めくるめく着物ヲタワールド。私も参加しています。^^
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へにほんブログ村


コメント

  1. まみ | URL | -

    はじめまして

    はじめまして。先日、縫い紋を自分で〜と検索したら、こちらのページにたどり着きました。

    まだ、自分で縫い紋は入れたことがないのですが、いつかやってみたいと思います。

    私は自分で仕立ての勉強をしているのですが(祖母が仕立ての仕事をしていて、道具が全てあったので)、襦袢は自分で仕立てました。化繊も最近は良いのが出ていますが、着崩れしやすい気がするので、私は正絹を自分で水通ししてから、縫っています。水通しはとっても簡単で、浴槽に10cmくらいの水を溜めて、襦袢を折り返しながらつける。1時間くらいつけたら、洗濯機で軽く脱水。陰干し(私はクリーニング店のハンガー5本くらいで折り返しして、干してます)して、半乾きになったら、アイロンをかけて(もし地紋があるタイプなら、多少引っ張りながら)完全に乾くまで干してます。

    多少縮みますが、仕立てには問題ありません。地紋がないタイプがベストですが、大きい地紋(流水など)なら大丈夫ですよ。小松ちりめんと丹後ちりめんを水通ししましたが、問題ありませんでした(しかし、責任はとれませんので、自己責任でお願い致します)。糸と背伏はポリエステルで仕立てました(糸や背伏も水通しすれば、絹でも問題なさそうですが)。絹は一度縮むと再度水通ししても縮まないらしいので、扱いはポリエステルと同様に洗濯機で洗えるらしいです(私はこわくて、手洗いしていますが縮んだことはなかったです)。

    オークションで前は正絹の襦袢地は倒産品などでお安く購入出来たのですが…。もし、お安く正絹の襦袢地が手に入った時にはお試しくださいませ。

  2. ゴロ | URL | -

    はじめまして まみさん。

    コメントありがとうございます♪

    絹の長襦袢 自分でお仕立てですかぁ!
    この頃 手作りから遠ざかっている私には ハードル高そうです。

    でも 絹も自分で水通し出来る っていいですね。
    洗濯 毎シーズンだと結構イタいですから。^^;
    水で洗った方がさっぱりする感じも大きいですしね。

    自分で水通しした反物を仕立ててもらう っていう手を考えてみようかな。
    それとも 一大決心 和裁教室に通う! とか。

    次に作るなら ポリ って思っていたのですが 洗える絹にしようかな。

    教えて頂いてありがとうございます。^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shufutokimono.blog136.fc2.com/tb.php/218-bca33deb
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。