--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
めくるめく着物ヲタワールド。私も参加しています。^^
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へにほんブログ村

落語ぉ 538720

2014年09月08日 23:06

歌舞伎の演目で落語から来ている物がたくさんあります。

特に 江戸末期から明治にかけて活躍した圓朝作のお話は 八月に見た 『怪談榎乳房』 を始め面白いものがたくさんあります。

そーゆー興味もあって この頃 落語を聴き始めました。

子供には 「また、お母さんの熱中症が始まった。いつまで続くことやら。」 的に見られています。^^; 

が! 統計魔の私といたしましては、 カテゴリ 『落語』 を作り 見た演目を記録していこうと思います。それが何の役に立つかはわかりませんが。(笑)

これで 二回 落語会なるものに 足を運んだ私。
ここに来て大変残念は事がわかりました。
それは 「落語会、着物で行ったら 浮くかもーー;」 でした。

会場にもよるみたいです。
国立演芸場は 着物の人 チラホラ、でOKそうですが、先日行ったホール落語会は 着物の人は 男性お一人。(実は私も 様子を見ようと洋服だったのです。^^;) かなり勇気がいるかも。

その他、落語を聞く場所には 常設の寄席 というところがあるので こちらも ボツボツ偵察に行ってみようと思っています。

市馬落語集

↑落語会では いつもこういう演目を書いた紙を表示してくれるのでしょうか? これがあると 落語を知らない素人でも分かって便利。

道灌
お代わり長屋
宗論
持参金
三十石


柳亭市馬落語集 3000円
古今亭菊之丞 だいたい3000円
関連記事
めくるめく着物ヲタワールド。私も参加しています。^^
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へにほんブログ村


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shufutokimono.blog136.fc2.com/tb.php/237-bcaf5581
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。