--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
めくるめく着物ヲタワールド。私も参加しています。^^
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へにほんブログ村

紅絹vol2 526064

2011年07月11日 00:31

 どうも私は着物が好きと言っても その内容は 着物の雑誌を眺める>着物を縫う>着物を着る の順で好きみたいなんです。

 自分がへたくそな着付でシックハックしながら着物を着るより センスの良いスタイリストさんが集めて組み合わせた 素敵なコーディネートを 楽なジャージーで寝ころんで眺める方が 楽しいです。^^;

 とは言いながらも 「着物雑誌」 にはお金を使わず その分は 自分の着物に投資したい とも思っていまして

 着物雑誌は 基本買わない! 図書館で借りる。 をモットーとしております。

 が、 この
紅絹(もみ) Vol.1 アンティーク&リサイクルでキモノはじめ (エフ・ディブックス)紅絹(もみ) Vol.1 アンティーク&リサイクルでキモノはじめ (エフ・ディブックス)
(2008/11/13)
青木千英

商品詳細を見る


 を図書館で借りて すっかり スタイリスト 「青木千英」 さんのファンになりまして。

 秋月洋子さんの 「実際に今 自分が着てみたい鉄板」 コーディネート とはまた一味違う

 その美しい色合わせにひれ伏しあがめ奉りながら拝見させていただくコーディネート

 でも、池田重子さんの美術品よりは 身近で可愛く 「もしかしたら私にも着れる?」 的要素がある みたいな。

 自分で着てみたいよりは 見るのが楽しいそんなワールドに惚れ込みまして。

 「もっと 青木千英ワールドを堪能したい!」 欲求に抗えず つい

紅絹 Vol.2紅絹 Vol.2
(2009/04)
不明

商品詳細を見る


 を 買ってしまいました。だって 図書館には上記の本しか置いてないんだもの。

 vol.2は 「着回し特集」 内容の濃いものでした。

 しばらくは この本を眺めて暮らしますが そのうちまた 「もっと青木千英を!」 症候群が襲ってきたら また別の本を買ってしまいそうです。
関連記事
めくるめく着物ヲタワールド。私も参加しています。^^
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へにほんブログ村


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shufutokimono.blog136.fc2.com/tb.php/70-7075e2a9
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。