--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
めくるめく着物ヲタワールド。私も参加しています。^^
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へにほんブログ村

10月教室 586164

2011年10月09日 08:45

 ただ今 「六寸帯」 を縫っています。

 六寸帯って 三回くらいしか見たことがないんですけど。

 一度は 歌舞伎で 「武家の奥さん」 が締めてました。 後ろは確か 文庫っぽかったかなー?

 二度目は 何の本か忘れたけれど 大久保信子さんが 「半幅より後ろが大きくなるので 年配の人の普段着用に良い。」 って 確か 角だしっぽい結び方をして紹介しているのを見ました。

 三回目は 下記の本の中で。 結び方は見えなかったけど 可愛い女の子が締めてました。

着物のやさしいコーディネート帖―カジュアル着物をもっと楽しむヒントいろいろ着物のやさしいコーディネート帖―カジュアル着物をもっと楽しむヒントいろいろ
(2009/09)
成美堂出版編集部

商品詳細を見る


 三回しか見たこともなくて ちゃんと締められるかどうかも分らないのに 何で六寸帯を作っているかというと

 間違って八寸一分で切ってしまった帯芯を使うためなんです。^^;

 現代 帯幅は通常 八寸二分。 細め 小柄ちゃんなら 八寸一分もOKだけど 太めの私は 帯が細すぎると絶対より太く見えるので 八寸三分でも良いんじゃないかと思うほどで。^^;

 と言うことで 中途半端な幅に切ってしまった帯芯を使うために 六寸帯を作っています。

 お月謝5500円 帯芯1700円

 柄は鱗紋とアルファベット柄の腹合わせ帯。 どちらも祖父の長着だったもので 渋いです。

六寸帯 制作中

 こちら ただ今 帯芯を縫いつけているところ。

 帯皮の幅は反物の幅のママ切らずに使っています、 万が一気に入らなかったら 九寸帯に作り直せるように。
関連記事
めくるめく着物ヲタワールド。私も参加しています。^^
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へにほんブログ村


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://shufutokimono.blog136.fc2.com/tb.php/81-bd7c18a1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。